攻撃から守る

インターネットやスマートフォンなどの電子機器は、時にサイバー攻撃される恐れがあります。サイバー攻撃とは、コンピュターのネットワーク上においてクラッキング行為されるということです。クラッキング行為とは、特定の国家や企業、団体や個人と幅広い範囲になります。その中でもサイバーテロと呼ばれるものは、政治や社会的理由に基づき社会を混乱の渦に陥れます。また、国家の安全保障までも脅かすなど、破壊しようと活動しているのです。インターネット上のサイバーテロには、いくつかの種類があります。ブルートフォースアタック・Dos攻撃・SQLインジェクション・クロスサイトスクリプションなど様々です。これらは不正アクセスですが、それ以外にもゼロデイ攻撃やパスワードリスト攻撃といったものがあります。これらは事前に防ぐことが出来ますので、大きな被害を受ける前にしっかり対策しましょう。

インターネット上のサイバー攻撃の中でも、特に注意したいのが標的型サイバー攻撃です。標的型さとは、時間や手段などに構わず最終目標だけを手に入れるために攻撃するということです。目標を達成するためだけでに、組織を特定し攻撃していきます。標的を特定しひたすら攻撃し続け、「持続的標的型攻撃」とも呼ばれています。目標を達成するための攻撃方や時間には、様々な手段が使われます。攻撃を始める時から目標にかけ、細かく内容分けされます。攻撃されてしまえば大きな損害が生じる可能性が非常に高くなります。業務や従業員に関する情報などが、一気に外に漏れてしまうのです。重要な情報が漏れてしまえば、企業や会社にとっては大きなダメージになるでしょう。防ぐためには、攻撃を検知するシステムを導入すると良いでしょう。内部の対策をしっかり強化することで、攻撃を防ぐことが出来るのです。